Cannondale エンデュランスロード『Synapse』のDi2化レポート1/2

2020.03.14
メンテナンス関連

こんにちは。メカニックの渡辺です。

今回は、キャノンデール シナプスの電動コンポーネントDi2化とハンドル、ステム交換のレポートをさせていただきます。オーナー様は何でもご自分で出来てしまう凄腕の職人さんですので、ご期待に応えられるよう精一杯作業をさせていただきました。

 

コンポーネントを電動化するメリットは本当に多く、スイッチ操作となりますので大きな動作がいらず、レース志向の方から女性まで電動を使うと機械式には戻れないと皆さん仰られます。

 

 

他にも定期的なワイヤー交換が不要になったり、下の画像のようにワイヤーが折れ曲がってしまい摩擦抵抗が増え、変速の調子が狂うことも少なくなります。

 

 

こちらのフレームは、Di2のエレクトリックケーブルの内装に対応しておりリアブレーキケーブルアウターワイヤー受けの下部分に切り欠きが入っております。

 

 

 

フレーム内部にエレクトリックケーブルを通すために、BBを取り外します。

以前、当店でスギノスーパーセラミックBBに交換をさせていただきましたので、しっかりと

防錆とかじり付きの予防ペーストが塗布されています。

 

 

 

フレーム内に4本のエレクトリックケーブルを通します。パークツールのワイヤリングツールを使用すれば作業がはかどります。

 

 

フレーム内部でケーブルなどが暴れて異音を発しないよう4本のケーブルとケーブルを集約させるジャンクションに対策を施します。

 

 

内装用バッテリーを取り付ける位置は、シートポスト内部がベストであったため

Di2バッテリーの内装に対応するシートポストを使用します。

 

 

ずれ落ちてこないように、付属のCクリップで確実に固定します。

 

 

続いてディレーラーです、今回2つ目のビッグプーリーをお買い求めいただきました。

前回はV2という金属のプーリーでしたが、今回お取り付けするのはV3という新型です。AURUM+CF30というカーボンを含んだ特殊素材で超軽量、静粛性、耐摩耗、摺動抵抗軽減全てにおいてヴァージョンアップいたしました。

 

 

ノーマルゲージを取り外し、CDJビッグプーリーを取り付けます。

グリスをしっかりと塗布し、スプリングテンションはスタンダードの位置に取り付けいたしました。

 

 

常に振動の加わる部分ですので、ロックタイト(ネジのゆるみ止め剤)を使い組み上げます。

アルテグラR8020のディティールにピッタリマッチしてとてもカッコよいですね。

 

 

それでは、長くなりそうですので続きは次回とさせていただきます。