Cannondale エンデュランスロード『Synapse』のDi2化レポート2/2

2020.03.29
メンテナンス関連

こんにちは。メカニックの渡辺です。

キャノンデール、シナプスのDi2化レポートの続編です。

 

ディレーラーを取り付ける前にハンガーのアライメントを確認します。

まずは取付ボルトが緩んでいないかチェックします。

 

 

パークツールのハンガー修正ツールを使用し歪みをチェックします。

 

 

アライメントの狂いがあり修正を試みましたが、手に伝わる感覚で弱っていることが分かったため交換をいたしました。

 

 

ディレーラーハンガーは各メーカーでいろいろな形がありますが、こちらのタイプは薄いプレートでフレームエンドを挟み込むタイプのディレーラーハンガーです。少しでもクラックが入っている場合は早めの交換をお勧めいたします。

 

 

続いてヘッド廻をチェック、ベアリング共に汚れていました。作業工程には入っていませんが見て見ぬふりはできません。

 

 

コンプレッションリングなどもあわせてクリーニングさせていただきました。

 

 

粘性のあるグリスを塗布し防錆します。グリス量は多すぎるとにじみ出てくるので適量です。

 

 

適材適所のケミカルを塗布し組み付けていきます。

 

 

各部品のトルクチェック、シフト調整を調整を入念に行います。

 

 

今回交換した3Tのエアロハンドルの形状が特殊なため、オプションのDi2サテライトスイッチの取付位置がなかなか定まらなかったのですが小物を削り、フィットさせることができました。

 

 

最後にDi2のファームウェアのアップデートです。

6つの部品が最新の状態にアップデート出来ました。

 

 

 

Di2は乗る人の好みの動き方にカスタマイズできるのも特徴です。

PCやスマートフォンからも設定が変えられます。

 

 

最後に、フィッター杉浦に前に使っていたポジションに復元してもらいます。

 

 

完成しました!オーナー様の思い描く形のバイクに仕上がりました。

ご納車後オーナー様からは、とっても調子がいい!とご感想をいただきました。

私、渡辺は感情が表には出にくいタイプですが、お褒めの言葉をいただくと本当にうれしく思っております。

また何かございましたらお気軽にご相談ください。ありがとうございました!