2021 S-WORKS 新型TARMAC SL7 組み立てレポート 1/3

2020.12.22
メンテナンス関連

こんにちは!メカニックの渡辺です。

今回のブログはS-WORKS 新型TARMAC SL7の組み立てレポートです!重量も計測しましたのでチェックしてみてください。

 

こちらのバイク発売開始直後にご注文いただいたのですが、若干の遅れが生じ3カ月ほどで入荷してきました!(オーナー様お待たせしてすみませんでした)

気になる重量はメインフレームが【843g】です。(フレームサイズ54)

※S-WORKSとはSPECALIZEDのなかで最上位グレードとして位置付けされたプレミアムグレードです。

 

 

フロントフォークの重量は余分なコラムをカット後【365g】になりました。

フレームフォークで重量は【1,208g】です。

 

 

今回は完成車ではなく、バラ完になりますので組み付けるパーツを把握するために並べました!

組み立てをスムーズに進めるために今回の油圧Di2組みに必要になるパーツを選別し、使わないパーツは省いておきます。

 

 

ステムは、Vengeステムをシェイプアップした形状で、Vengeにこのステムを流用する人もいるようです。(松岡君情報)

サドルS-WORKS ROMINE Evoの重量はなんと!【133g】!!手に持っているのに持って無いような感じなんです!!

 

 

早速オプションのガラスコーティング【ガラスの鎧】を施工します!

 

 

塗りこみパッドにコーティング剤をとり、くまなく塗り込んでいきます。

 

 

時間を置かず塗布したコーティング剤を水と反応させます!

水を含ませ軽くしぼったマイクロファイバーウエスで優しくなでるように拭き上げます。

 

 

乾いたウエスで拭き上げ、しっかりと乾燥させたら【ガラスの盾】で仕上げます。

つるつるになり傷や汚れが付きにくく、劣化も防いでくれます。艶に深みが増しました!!

 

 

1度パーツを組付けポジション調整をバイクフィッターの杉浦店長に依頼します。

BB中心部を基点にハンドルとサドルのX軸Y軸をフィッティングデータに基づき調整していきます。

 

 

レーザーを使用しハンドルを調整しています。

フレームサイズ54cmに標準でついてくるステムは90mmですが120mmに変更しました。

 

 

Di2サテライトスイッチをスプリンタースイッチの代用として取り付けるので取付位置をオーナー様と打ち合わせ決定いたしました。

 

 

長くなってしまいますので、今回はここまでです。

次回はフォークコラムのカットを行い、組み立て開始です!

お楽しみに!!【第2話はこちら】