2021 新型S-WORKS TARMAC SL7 組み立てレポート 2/3

2021.02.27
メンテナンス関連

こんにちは!メカニックの渡辺です。

新型 S-WORKS TARMAC SL7の組み立てレポート 続編、第2話です。【第1話はこちら】

 

いよいよ組み立てに入っていきます!

まずはコラムカットから、正確なカット位置を出すためにプレッシャーをかけてからカットする部分に印をつけます。

 

コラムカットです。ささくれにならないようにテープで養生を行い、目の細かいブレードを使います。

カーボンの種類で切れ方が違うのですが、S-WORKS TARMAC SL7のフォークコラムは異常なくらい切りやすいコラムでした。

 

 

内と外両側をダイヤモンドファイルで面取りします。

 

 

ヘッドベアリングに塗布するグリスはみ出してこないよう、ちょう度の硬いグリスを使用します。

 

 

コラムアンカーはコラムに負担をかけ破損させないように指定方向があり▲マークがステムのクランプ部分に来るように挿入します。

 

 

Di2のエレクトリックケーブルに異音防止のケーブルタイをとりつけます。

 

 

この手のパーツは重量が気になりますが5本で1gですので、良しとします。

 

 

チェーンステー部分のエレクトリックケーブルの一番音が出そうなセンター部にケーブルタイを1本使いました。

 

 

フレームセットにはリアディレーラー部分のグロメットは3種類付属していますのでシマノDi2用を使用します。

 

 

リアディレーラー取り付け前に、ディレーラーハンガーのアライメントをチェックしたのですが、

寸分の狂いもない非常に良い状態でした!さすがSPECALIZED S-WORKS !!

 

 

今回はここまでです。ご覧いただきありがとうございました!

 

次回はついに完成です!迫力の全貌をお楽しみに!第3話はこちら