2021 新型S-WORKS TARMAC SL7 組み立てレポート 3/3

2021.04.12
メンテナンス関連

こんにちは!メカニックの渡辺です。

新型 S-WORKS TARMAC SL7の組み立てレポート 第3話の最終回です。

【第1話はこちら】

 

TARMACのヘッド部分のワイヤリングはこのようになっています。機械式のワイヤーシフトですと太いケーブルが2本増えゴチャゴチャしてしまいますが、Di2はすっきりしついていいですね!

 

エアロ形状のコラムスペーサーが装着されるとワイヤーは徐々に見えなくなっていきます。

 

 

ワイヤーはステム裏側を沿うようにルーティングされます。ボルトでしっかりと固定されるためズレもありませんし、スマートですね!

 

 

フロントディレーラーには、ファイバーグリップを使いずれ動くのを防ぎます。

取り付けの指定トルク内でより強く固定ができます。

 

 

リアディレーラー、BBなどには、パークツールのかじり付き防止のペーストを塗布します!

 

 

ブレーキブリーディングが完了したら、ブリードニップル内の残ったオイルをコヨリ状にしたペーパーウエスで吸い取りクリーニングします。

この工程を行うことにより、清潔に保てると同時に、オイル漏れなどの小さな変化を発見できるのです。

(ただシマノ製であればオイル漏れなどは、ほとんど起こりませんのでご安心ください。)

 

 

ブレーキキャリパーにパッドをセットし、ホイールを装着、ブレーキキャリパーの位置の微調整を行います。

 

 

パソコンに接続しDi2システムのファームウェアを最新の状態にアップデートを行ったのち、シフトの最終調整を行います。

 

 

組み立ても残すところわずか、シフトの最終調整に入りました。Di2のモーター音とデュラエース特有のスプロケットのシフトサウンドが、ゴール間際の観客の歓声のように聞こえてくるようです。

 

 

ついに完成です!!どうですか!美しさのなかに力強さが感じられ、とにかく凄くカッコイイバイクです!

 

 

このような素晴らしいバイクの組み立てをご依頼いただいたオーナー様本当にありがとうございました。また感想をお聞かせくださいね!

今回もご覧いただきありがとうございました!是非あなたのバイクのご入庫をお待ちいたしております。

 

↓画像集です!よかったらご覧ください。

 

 

ご覧いただきありがとうございました(^-^)