MERIDA SCULTURA 4000 メンテナンスレポート 1/2

2021.06.26
メンテナンス関連

 

こんにちは。メカニックの渡辺です!

今回は、MERIDA SCULTURA 4000 (メリダ スクルトゥーラ)のメンテナンスレポートをお届けいたします。

別のお店でメンテナンスを受けられたようなのですが、なんだか調子が悪くなってしまったと、お電話をいただきました。

 

ご依頼いただいたのはメンテナンスのコンプリートコースです、バイクの大半をバラシ、消耗品を一新して組み戻していきます。

ヘッド周りから時折きしむ様な異音が発生しているようなのですが、コンプリートコースの作業であれば解決できるはずです。

 

それでは早速分解作業に取り掛かります。

まず目についたのはクランクボルトのネジの潰れです。さらにクランクのシャフト長に対してのスペーサーが少なかったため、クランクが左右にガタガタと2~3mmスライドしてしまう状態でした。 

手持ちの24mmスペーサーをきらしていたので、金属製で痩せが発生しない作りのSugino社製スペーサーをすぐに手配しました。

 

 

フロントフォークのリブです。けっこうな砂がたまり汚れていました。汚れ方や砂の種類でどのような環境でお乗りになられているか分かりますね。

 

 

お客様が気にされていた異音が、ヘッドセットのカップから出ていることもあるため、圧入されているカップを外しました。

黄色い印の部分はグリスが塗られておらず、こういうところで摩擦が発生し、きしむ音が出ることがあります。

 

 

クリーニングした後、異音対策として使われることの多いワコーズのブレーキプロテクターを塗り残しがないようにしっかりと塗布します。

 

 

縁にもしっかりと塗布します。

 

 

ヘッド圧入工具でカップを傾かないように慎重に圧入していきます。

画像は圧入完了の寸前です、いったん確認のため作業をストップし撮影しています。

(作業優先ですので、画像が分かりにくいなど、ご了承ください)

 

 

ヘッドのカップの装着が完了しました、グリスが均等にはみ出るくらいになっていれば、うまく塗布できている証拠です。

余分なグリスをしっかりふき取り隙間がないか確認します。

 

 

ヘッドシールドベアリングは、防水シールを傷つけないように外し、古いグリスや砂を、ワコーズチェーンクリーナーとパーツクリーナーで納得がいくまで洗浄します。エアガンも使用して吹き飛ばしてクリーニングします。

小さな砂の一粒でも残っていると、感触としてわかってしまうためベアリングを回転させながら何度も洗浄、確認を行います。

 

ゴムシールに溶剤は禁物ですので、ワイプオールという汚れをかきとる能力が高いウエスで優しく丁寧にクリーニングします。

 

↓画像はシールドベアリングの内部にセラミックグリスを充填しています。

 

 

ヘッドは高速回転する個所ではないのでグリスはできる限り満タンに充填し水や砂が入る隙間を作らないようにします。

 

 

セラミックグリスをしっかりと充填したベアリングにラバーシールをはめ戻し、防水防錆の役割を果たす

シマノプレミアムグリスを塗布しカップに収めたところです。

 

 

ロアーベアリングにも、プレミアムグリスを適切な量で塗布しました。

 

 

取り外したパーツはクリーナーを使い洗浄し乾燥させてありましたので、こちらも組み戻していきます。

 

 

リアディレーラーのアジャスター部も取り外しクリーニングした後、組付けます。

洗浄後は、油分がない状態ですのでワコーズのラスペネミニをディレーラー全体に吹きかけ、細部にまで浸透させます。

しばらく放置した後、ウエスで余分な油分を拭き取ります。

 

 

チェーンリングボルトには中強度のロックタイトを塗布します。

 

 

シマノ105のリアディレーラーは、ブッシュベアリングですので、内部も洗浄しセラミックグリスを塗布し組み上げていきます。

セラミックグリスは、ちょう度(粘性)が低く軽い回転が特徴で高速回転する部分によく使用しています。

 

 

つぶれが気になるボルトです。新品を手配したので交換します。

 

 

今回のレポートはここまでです。ご覧いただきましてありがとうございました。

次回は、ワイヤー、ホイール、ブレーキフルードを交換し完成となります。お楽しみに!【第2話はこちらから】

 

※BikeEggは他店購入のバイクも喜んでメンテナンスを、お受けしております!!

お気軽にご相談ください!